回収の許可がある業者かどうかを確認しましょう

不用品の回収には許可が必要です

一般家庭の不用品を回収するには「一般廃棄物収集運搬業」が、 企業の不要品を回収するには「産業廃棄物収集運搬業」の許可が必要になります。

買取の場合は更に古物商の許可が必要になります。
あなたの利用したいサービスに必要な許可を業者に確認しておきましょう。

男性イメージ1

見積を出さずに作業を始める業者は注意しましょう

必ず見積を出してもらいましょう

回収をしてもらう際には、必ず見積をとり、お互いに合意を取り金額を確定させてから作業をしてもらうようにしましょう。
金額を確定しないまま作業をされてしまいますと、終わった後に、「想定よりも荷物が多かった」など理由をつけて見積もりよりも多い金額を請求されてしまうこともあります。

電卓

トラック1台で回っている業者は注意しましょう

無料と言われれば聞こえは良いですが・・・

無料で回収、買取します、とアナウンスしながら回収に回っている業者には注意が必要です。
・「回収は無料ですが、処分には料金が発生します」
・「この品目は無料回収の対象外です」
など、何かと理由をつけて、請求されることもあるので注意が必要です。
また、所在がはっきりしていない業者は、トラブルがあった際に相手を探すことが難しいため、最初に領収証を発行してもらい、所在を明らかにさせると良いかもしれません。

回収トラック

まとめ

不用品を運び処理をするので、普通はお金がかかるものです。
悪徳業者は、不用品を回収した後、そのまま不法投棄をしてしまうことも少なくありません。
そうなってしまうと持ち主であったあなたに責任が問われることもあります。
業者に依頼する場合は、許可を得ているか、所在がはっきりしているか、などしっかり確認してからお願いすることが大事ですね。

TOP